教師やめて転職の厳しさを知った その壱

教師をやめて早3ヶ月

ずっと転職活動をしている

なのにいまだ定職につかず....


転職活動の1番初めは在職中から。

いわゆる大手の転職サイトを複数社利用し


リク◯ビ転職

マイ◯ビ転職

エ◯転職


なかなかご縁がなかったので既婚女性の働き方に比較的理解のある会社の求人を多く出していそうな


ty◯e@女の転職

エ◯転職ウーマン


などにも登録

ty◯e@女の転職に関しては、主催の大型転職フェアにも参加した


それでもダメなのでこれは派遣も視野にしれねばと思い


スタッ◯サービス


に登録


登録したはいいものの

「教師経験しかない既婚女性とはいえ、まだ20代だからやはり正社員がいいな.... 。」という思いがでてきた

しかし、「いや、そもそも自分がなぜ正社員に拘るのかよくわからない。」と思い始め、大手人材派遣会社リク◯ートスタッフに勤める大学の後輩に相談した

彼女はエンジニア職派遣の営業を中心にやっているようで、企業の人事担当に求人を出してもらう営業から求職者をマッチングさせるところ、さらにその求職者が働き始めてからのフォローに至るまでを担当するらしい



「後輩ちゃん... 私は中小企業のような小さな組織で正社員採用されて、のんびりと事務職したい。教師のときに産休育休を取得された先輩のしわ寄せを味わった分、私もその制度の恩恵を受けたい。だからあわよくば専門性の高い経理職に就いて、子どもが生まれても末長く勤められる経験を積めればなぁと思ってる。」と正直に話した


すると


「先輩、派遣も悪くないですよー!先輩の年齢ならまだまだ派遣業界では引く手数多ですよ。

確かに正社員は育休や産休取得もしやすいですし、賞与もきちんと出るところが多いし、やはり会社から守られているという点ではそちらの方が優りますが、教師経験しかなくて一般企業で勤めたことがない先輩は、まず派遣で大手企業の事務職や経理職などバックオフィス系の経験を積んでから、その実務経験を武器に働きやすい中小企業の事務職に就けばいいじゃないですか〜。いまみたいに割と景気の良いときなら一昔前の派遣切りとかも多くはないですし。派遣にもいくつか種類があるんですけど、先輩みたいに正社員にこだわる人は、その中の紹介予定派遣という、ゆくゆくは正社員登用される種類の求人を選べば安心して働けますよ!」


とすごく分かりやすく説明してくれた


彼女は私の求めている事務職や経理職の担当ではないのでその手の企業情報など詳しいことはわからないそうだが、派遣に対する偏ったイメージが払拭された


とはいいつつも、その紹介予定派遣の求人はやはり倍率が非常に高い


いくつか出してみたもののやはりダメだった


転職って厳しい


その弍へつづく